社会福祉法人 柊野福祉会
TOP よくあるご質問 お問い合わせ 情報公開 リンク
組織概要 各施設案内 職員紹介 アクセス 求人情報 パンフレット 教育研修体制
施設長
センター長・ホーム長
介護職員
介護支援専門員
生活相談員
管理栄養士
banar
  施設長
名前 東山 和幸
施設&職種 ケアハウス「アーバンヴィレッジ柊野」 施設長
卒業大学    

平成26年4月に着任しました。
現場にも率先して入るプレーイングマネージャーとして、日々若手職員とも楽しく過ごしています。私が大切にしたいのは、職員とのチームワークです。チームワークが良くなることで、スムーズな報・連・相ができ、必然と利用者様へ提供するサービスの質が向上します。利用者様やご家族様、地域の方々にとっても居心地の良い施設になるよう、雰囲気の良い職場環境作りに努めていきます。

  管理者
名前 細井 妙子
施設&職種 グループホーム四条大宮 管理者 兼 計画作成担当者
卒業大学 嵯峨芸術大学 短期大学部 (平成15年度卒)

役に立ちたいと始めた仕事ですが、支えられる事の方が多くあります。日々の利用者様の他愛ない会話や表情から色々なことを教わり、先輩方から知識をつける事が日々の支援に役立つと学び、昨年私は、介護支援専門員の資格を取得することが出来ました。現在、色々な方の人生に触れる中で、仕事の重要さを身に染みて感じています。まだまだ未熟者ですが、人生の締めくくりをよりよいものにする為にどんな暮らしを送るのが良いのかを一緒に考え、利用者様、職員共に“あ〜よかった”と思える瞬間をたくさん作ることが出来れば嬉しいです。

  介護職員
名前 野村 里美
施設&職種 小規模特別養護老人ホーム「ヴェルデ上賀茂」
介護主任 兼 介護支援専門員
卒業大学 京都保育福祉専門学院 (平成13年度卒)

介護の仕事について15年目となります。これまで、たくさんの利用者様と出会い、様々な経験をさせていただきました。現在は介護主任、介護支援専門員として利用者様が望まれるその人らしい生活に少しでも近づけられるよう、現場の介護職員や他職種と連携を図りながらよりよい支援につなげていくことがやりがいとなっています。その瞬間、瞬間で表現される喜びや悲しみに共に寄り添い、これからも利用者様や共に働く職員の笑顔に支えられながら、一歩ずつ前進していきたいと思います。

名前 和田 晴子
施設&職種 京都市柊野特別養護老人ホーム 
介護副主任 兼 介護支援専門員
卒業大学 花園大学 社会福祉学部社会福祉学科 
(平成19年度卒)

柊野福祉会グループの法人事業本部主催の勉強会を通して学習し、ケアマネジャーの資格を取得しました。今年度よりケアマネジャーとしてご利用者様のケアプランを作成しています。介護職員や看護職員、管理栄養士、生活相談員と連携を図り、その方の全体像を把握できるよう努めています。その方に向き合いどんなニーズを持っておられるのか、その方の特色が分かるケアプランが作成できた時は少し嬉しくなります。まだまだ勉強中であり、悩みつつ先輩にアドバイスをもらいながら頑張っています。

名前 田中 あゆみ
施設&職種 小規模特別養護老人ホーム「ヴェルデ上賀茂」
介護副主任
卒業大学 関西福祉大学 社会福祉学部 (平成21年度卒)

小規模多機能型居宅介護事業所から地域密着型の小規模特別養護老人ホームに異動となり、業務内容や支援方法の違いに戸惑うこともありますが、リーダーとして他の職員と共に成長していけたらと思っています。
「介護」を難しく捉え過ぎず、花の水やり、お茶を飲む、散歩に出掛ける、等といった私たちと変わらない日常生活の中で楽しみを見つけ、積み重ねていく…。利用者様に楽しんでいただくだけではなくて、自分も一緒に楽しもうという気持ちを持ち続けていきたいと思っています。

名前 田丸 友紀子
施設&職種 ガーデンハウス上賀茂 介護職員
卒業大学 関西外国語大学 国際言語学部 (平成23年度卒)

私の楽しみは、利用者様とのコミュニケーションです。
人生の先輩である利用者様との話題は幅広く、利用者様が若かった頃の話や昔の知恵等、いろいろ教えていただいたり、時には「仕事にはもう慣れた?」と利用者様が私のことを気にかけてくださいます。
利用者様と一緒に笑っていると疲れも忘れ、利用者様とコミュニケーションをとることが、毎日とても楽しいです。

  介護支援専門員
名前 小林 美香
施設&職種 グループホーム上桂
管理者 兼 計画作成担当者
卒業大学 京都保育福祉専門学院  (平成14年度卒)

今私は、計画作成担当者という新たな職務と向き合っています。介護職リーダーや副主任業務は経験があったのですが、計画作成担当者は初めてで不安もありました。グループホームは、小規模でアットホームな雰囲気があり、先輩職員に相談したりアドバイスを頂くことがしやすい環境にあるので、今は笑顔を忘れず、楽しく仕事をしています。できる限り、入居者様やご家族様の思いを汲み取り、希望に沿ったケアプランを作成できればと日々奮闘しています。

名前 西川 佳恵
施設&職種 高齢サポート・柊野(京都市柊野地域包括支援センター)
介護支援専門員
卒業大学 京都光華女子大学 人間関係学部 社会福祉学科
 (平成19年度卒)

高齢サポート柊野は、京都市からの委託を受け運営している公的な相談窓口です。医療・介護・福祉・健康など様々な面から、総合的に地域の高齢者の皆さまを支援する為、専門職がチームとなり活動しています。私自身は、介護支援専門員としても地域包括支援センターの職員としても全く経験がない状態からのスタートでしたが、多くの方から色々な考え方を教えていただき、学ぶ事も多く、とてもやりがいを感じています。これからも地域や専門機関の方々と共に、住み慣れた地域で元気に過ごすお手伝いをしていきたいです。

  生活相談員
名前 万木 陽介
施設&職種 京都市柊野老人デイサービスセンター
管理者 兼 生活相談員 
卒業大学  京都YMCA国際福祉専門学校  介護福祉学科
(平成14年度卒)

現在、京都市柊野老人デイサービスセンターの管理者業務だけではなく、柊野福祉会グループが運営する通所介護3事業所のセンター長としても勤務しています。これまで、3事業所において、介護職、生活相談員、管理者と各職種を経験しているため、全体把握を行いやすいと感じています。
3事業所の管理者や生活相談員からの事業所運営に関する相談や、職員管理、また、事業所ごとに異なる運営方法の見直しを図り、サービスの質を向上させていきたいと考えています。

名前 北野 昭次
施設&職種 特別養護老人ホーム「ヴィラ上賀茂」
副主任生活相談員 兼 介護支援専門員 
卒業大学  佛教大学 社会福祉学部社会福祉学科
(平成20年度卒)

特別養護老人ホームの生活相談員として勤務しています。ご利用者様と直接かかわる時間は現場の職員よりも少ないですが、その分ご利用者様と関わる「時」を大切にしています。業務内容としては、ご利用者様の入所に関わる手続き、ご家族への連絡、ご利用料の請求等です。ご利用者様の入所から退所まで関わることができる仕事で責任は大きいですが、とてもやりがいを感じています。ご利用者様に施設での生活を楽しんでいただくために、職員も一緒になって楽しむことが大切だと思います。そのために何ができるかを考え、日々精進しています。

  看護師
名前 谷口 秋子
施設&職種 京都市柊野特別養護老人ホーム 看護師 主任
卒業大学   

京都市柊野特別養護老人ホームの看護師として、早18年目を迎えることになりました。1年目から過ごしておられる利用者様もまだ元気に過ごされています。若い介護職員の皆さんに元気をもらいながら、京都市柊野特別養護老人ホーム医務室の看護師としての役割を果たしつつ、『柊野の母』として(段々、"母"というより"おばあちゃん"になるかも・・・)、これからも、大きな声で笑顔を振りまきながら、頑張りたいと思っています。

  管理栄養士
名前 吉野 早葉子
施設&職種 特別養護老人ホーム「ヴィラ上賀茂」
管理栄養士
卒業大学 大和学園 京都栄養医療専門学校  (平成19年度卒)

私は今まで栄養士として献立作りや調理作業等の業務に従事してきました。今年、管理栄養士の資格を取得し、柊野福祉会に入社しました。柊野福祉会では、利用者様が食事をされている様子を拝見したり、食事について直接意見を伺うことができるので、ただ献立を作るだけではなく、その食事を提供し食べていただくところまで自分の目で見て確認できる点に責任ややりがいを感じています。働き始めたばかりでまだまだ分からないこも多くありますが、早く利用者様と交流を深めて、喜んでいただけるような献立作りをしていきたいと思います。

社会福祉法人 柊野福祉会